英語で世界に発信するブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 千頭方面へドライブ

<<   作成日時 : 2009/11/15 15:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の土曜日は千頭方面へドライブに出かけてみた。出発し国道1号のバイパスを島田あたりを走っているとき風が急に強くなりだした。車が風で横に揺さぶられそうでちょっと怖かった。川根温泉まではすいすいといった。川根温泉には足湯があったんですね。これはタダ!。冬だといいかも。第一の目的地小長谷城跡には11時前についてしまった。B&G海洋センターを目印に行くとわかりやすい。

小長谷城跡は武田氏の築城遺構が比較的良く保存されていることで知られている。現在は徳谷神社の境内で車は境内への道を入って空いたところに駐車する。案内板もわかりやすく、遺構は簡単に見つけることができる。堀は主郭の東側(神社の建物の裏側)に集中している。特に1番堀、3番堀は小規模ながらくっきりと深く掘られていて迫力がある。内側の馬出しが円形、外側が方形というユニークな構造の重ね馬出しも見ることができる。4番堀は水がたまって池のようになっていた。武田流の城は空堀中心なのだが、一つは水の入った堀がある。4番堀はもともと水堀だったのか?5番堀は唯一西側にある堀。

次の目的地は智者の丘公園。ナビでは位置がわかりずらい。多少道に迷いながら、ようやく直通の道を見つけ車で駐車場まで登る。公園内に入り目に飛び込んできたのが巨大な蛇口とパイプが複雑に入り組んだ遊具。一体どう遊ぶんでしょう。蛇口をひねると音が出るのだが、これが何かあるのか。子供を連れてくると面白い場所かもしれない。展望台に登ろうとしたら猿の群れに出くわした。人の姿をみるとさっと逃げていった。展望台からの眺めはすばらしい。

智者の丘公園から今度は大井川を下り、鵜山森林公園を目指す。途中塩郷の吊橋を通過する。塩郷の吊橋は道路の上を吊り橋が通るという非常にユニークな吊橋。近くに車を止める場所も何箇所かあるので時間があれば吊橋にチャレンジしてみるのも面白いかもしれない。ただし吊り橋の楽しみは次回にとっておこう。

鵜山森林公園は473号線沿いにあるのでわかりやすい。駐車場に止めて歩き出すのだが、これがすごい。道を挟んで両側が崖。両側に急流が流れているのだ。左右で激流の音。ちょっとスリルがある。遊歩道を歩くと展望のきく場所があるが崩れやすく雨の後は非常に危険らしい。遊歩道をしばらく歩くと遊具のある広場に出る。最初の歩き出しからは想像もないような広場となっている。広場から河原に下る道があるがきょうはやめておいたほうがいいだろう。

さらに下流をドライブしていくと、朝日段公園へ行く道の分岐にぶつかる。6キロ余りの道は最初はいい道なのだが中盤から崖が崩れたらしい場所や、木が倒れたり、折れた枝が道まで落ちていたり、道が荒れてきている。道を作るのはいいけど、管理は島田市にとってかなりの負担になりそう。朝日段は標高660メートル。眺めは文句なくすばらしい。展望台から見える山の名前を記した案内板が親切。残念ながら南アルプスは見えなかった。やはりなんといっても大無間山は高いところで見るとその威容は増してくる。

紅葉はもう一歩といったところ。千頭ではかなりの葉が黄色く染まってきていた。見ごろは来週か。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
千頭方面へドライブ 英語で世界に発信するブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる