テーマ:ガラスの仮面

ガラスの仮面第44巻

ガラスの仮面第44巻はちょうど3月のライオン3巻の発売時期と重なった。少女漫画界を代表する2人の漫画家の超強力なコラボレーション。財布の中身は傷むがやはり買いたいものは買いたい。 (以下ネタバレ注意!) 月影千草が水を二人の紅天女候補に一杯の水を与えその反応を試す。これって2人の王女のときにも似たような場面あったような。ただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガラスの仮面43巻特集:マヤが紅天女で優位?

ガラスの仮面43巻で久々に登場の月影千草。元紅天女(梅の里の披露で自分の紅天女は最後と宣言)。月影先生の残した謎の言葉「紅天女はマヤのほうが優位にある」。さて、この言葉の持つ真意について今回は追及してみたい。 月影千草が上京してきたのは2人の紅天女候補の持つ共通の欠陥に気づき、それを修正させるためなのだ。一人はそのことに気づきもが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガラスの仮面43巻

やっと43巻手に入れました。前の巻が出てから結構長かったですよね。以前放映したTVドラマ版ガラスの仮面完結版に筋は近づいているなあ。となると44巻以降は紅天女の恋の演技を北島マヤと姫川亜弓にやってもらうという展開か。そうなってくると面白いのだけどね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニメガラスの仮面(1984):オープニング&エンディング

エイケン版アニメガラスの仮面のオープニングはマヤちゃんがエアロビダンスを披露してくれます。OP作った人多分原作読んでない(笑)。杉井キサブローさんの頭には演劇=ミュージカルなんでしょうかね。残念ながらガラかめにはいまだミュージカルは出てきません。(イサドラはマヤちゃん主役じゃないし)。亜弓さんがちょっと出ただけはさびしいな。テレビ東京版…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アニメガラスの仮面(1984)第16話:母の面影

北島マヤは演劇を志すため母を捨てる形で劇団月影に入るのだが母のことを決して忘れていたわけではなかった。 劇団つきかげと一角獣との合同公演「石の微笑」千秋楽の開始直前、北島マヤは母らしき人物を見かけ動揺しながら舞台に上がるのだった。 さて、マヤの母、北島春の行動については原作を見ても謎の部分が多い。マヤが石の微笑の前で見た人物はT…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語でガラかめ3:千の仮面を持つ少女

ガラスの仮面のヒロイン北島マヤの代名詞とも言える「千の仮面を持つ少女」。 いろいろな言い方があるが一番オーソドックスなのが A girl with a thousand masks withは~をもつという意味を表す前置詞 withの代わりに having bearing possessing を使うこともある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語でガラかめ2:紫のバラの人

ガラスの仮面に出てくる独特の表現、言い回しを英語にすると。。。第2回目は速水真澄の代名詞「紫のバラの人」。 さて、人だけど、この場合男性なのでMr.をつける。で紫のバラはPurple Roseなのだが直訳っぽい。もしかしたらぴったりのバラがあるのかもしれないのでその英語の名前がついている可能性もある。これは今後の研究課題。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語でガラかめ:紅天女の上演権を英語にすると?

英語で世界に発信しよう番外企画として、ガラスの仮面に出てくる用語、名せりふはどう英語で表されているのか特集してみます。第1回目は「紅天女の上演権」です。 演劇って勝手にやってはいけないの。という疑問があると思いますが、作者の意向により上演権がないと製作ができないものがあるようです。上演権を個人に委ねるのは原作中でも例として取り上げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニメガラスの仮面(1984)第14話~15話:どこかで見たような。。。

第14話「新しい役は人形」の前半は月影先生が危篤で緊急手術をしたところ。意識が戻った月影先生は北島マヤの手を握りとんでもないことを言います。「紅天女をやるのはあなた。。。そしてもう一人」。このあたりまで行けばもう一人は誰かわかりますよね。でもマヤにはわからない。(多分マヤだけ。。。他の人たちは言わなくてもわかっているよ)。 意識が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガラスの仮面は英語でGlass Mask

一応、このブログは英語がらみのサイトなのでガラスの仮面を英語で紹介した記事を紹介しよう。 http://www.animenewsnetwork.com/news/2008-06-25/glass-mask-manga-classic-to-relaunch-in-betsuhana-mag これはガラスの仮面連載再開(Re…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニメガラスの仮面(1984)第13話:恋はモザイク模様

ガラスの仮面は演劇に打ち込むマヤがメインなのだがやはりここは少女漫画、恋の場面も描かれる。 テレビアニメ版は原作の展開に物足りないようでかなりアレンジしている。嵐が丘の舞台でのマヤの情熱的な演技に心引かれたヒースクリフ役の真島良は北島マヤに恋してしまう。これが真島の恋人真紀、北島マヤのボーイフレンド桜小路優に大きなショックを与え傷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニメガラスの仮面(1984)第10~12話:私のあだ名は舞台あらし

ガラスの仮面のTVアニメ版は2種類あって、今紹介しているのが1984年に放映されたいわゆるエイケン版。2005年から東京12チャンネル系で放映されたものは連載の最新時点までカバーされているのに対し、1984年版は奇跡の人のヘレンの熱演でアカデミー助演女優賞を取るまで。ガラスの仮面の前半のハイライト部分は押さえてある。 DVD版の第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニメ版ガラスの仮面(1984):第9話…マヤ映画に初出演

1984年に日本テレビ系で放映されたアニメ「ガラスの仮面」の3巻目は第9話から12話まで。ただこの中でマヤの映画初出演のエピソードは原作の中でも一番好きな場面の一つだったので今回はその第9話を徹底解剖してみたい。 映画に初出演といっても名前も出ない端役である。足が不自由な少女が落としたテニスラケットを難病で入院する主人公の元に届け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TVアニメ版ガラスの仮面(1984年版):伝説のひとり舞台

ガラスの仮面の1984年アニメ版の第2巻目は第5話から第8話までを取り上げている。第2巻目の目玉といえば演劇コンクール全国大会。陰謀により大道具を壊され、代わりの道具を取りに行った他の団員はトラックの故障で出られず、マヤは一人で「ジーナと青い壷」の舞台を見事やり遂げ、観客の賞賛を浴びるという場面である。 このあたりになるとやっとT…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TVアニメ版ガラスの仮面(エイケン版84年)

ガラスの仮面というと連載開始から30年以上もたっているのにいまだに完結しない超人気少女マンガとして有名だが、TVアニメ版をレンタルビデオ屋で見つけ、第1巻目を見てみた。 私がガラスの仮面にはまりだしたのはこのアニメ放映から何年かたった後のので全然こんなのがあったことは知らなかった。2005年にはテレビ東京系列でアニメ化がされたとい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more