テーマ:BrainKing日本語版

トリプル・サイコロ・ポーカー(6個のサイコロ)

現在Brainking.comというオンラインゲームサイトでChampionship BK 2013というトーナメントが行われている。このトーナメントは招待されないと参加できない。このトーナメントは参加者の国単位でメダルの数を競うというオリンピックに似た感覚を持つトーナメントで日本はまだメダル数では50位くらい。この中で予選リーグを初め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランダムトーナメント

Brainkingのいろいろなゲームを手軽に楽しみたい方にお勧めなのがランダムトーナメントです。ランダムトーナメントは複数の違うゲームがランダムに対戦相手に割り当てられる仕組みになっていて、含まれるゲームは主催者によって異なります。何のゲームがあたるかわからないスリルがあってそれがこのタイプのトーナメント最大の魅力です。 ランダムトー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Brainking 2010

Brainking 2010ではロシアのZaparaさんが優勝。おめでとうございます。Zaparaさんは2007年のヨーロッパチャンピオンで日本にもよく来日します。5五将棋も強く、外国人で名人になれる可能性があるとすれば彼かも知れません。 http://brainking.jp/jp/Tournaments?tri=436114#6
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BrainKing 2010 つづき

BrainKing 2010の将棋のトーナメントは現在決勝リーグが行われています。先ほどniccarさんと私(fukuhara)とのゲームが終了。きわどい終盤戦を制したniccarさんが112手で勝利。 http://brainking.jp/jp/ArchivedGame?g=4929495 これで6勝2敗でZaparaさんと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BrainKing将棋団体戦、SHOGIチーム圧勝

BrainKingでは5年ぶりとなった将棋の団体戦はSHOGIチームが5連勝で他チームを圧倒し、優勝した。SHOGIチームの長年のライバルORIENTAL GAMESが3勝1敗1分で2位。成績云々よりもBrainKing内で6チームが将棋のチームを作れるようになったということのほうが画期的だと思う。これからは自分が所属する同好会に将棋の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BrainKing: イースター・エッグ3

BrainKingのトーナメントには、日本語の説明があるものもあります。これは日本語版担当者の私が日本語訳を頼まれて訳したものです。これから日本語の説明のあるトーナメントも増えてくるでしょう。 イースター・エッグは今回が3度目のトーナメントですが、これも日本語の訳は私です。 このトーナメントは一発勝負方式の勝ち抜きトーナメントで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BrainkingトーナメントIpso

BrainKing日本語版が公開されてから日本人の参加が順調に増え続けてます。相手に恵まれれば将棋倶楽部24でR200前後の方でも十分に優勝の可能性があります。さて、今回紹介するトーナメントIpsoでは日本から参加のmmurata23さんが3連勝で好調。残りの2ゲームを1勝1敗以上で優勝の可能性があります。mmurata23さんを追うの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Brainking 2010

Brainking.jpには賞品がついたトーナメントがありますが、Brainking 2010もそのひとつです。 現在決勝ラウンドが進行中です。 http://brainking.jp/jp/Tournaments?tri=436114#6 1部から5部までの予選最上位者(同点の場合2人以上決勝に行くこともあります)6人により…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BrainKing2010 その1:5年ぶりの将棋団体戦ついにスタート

BrainKingには同好会という制度があって有料会員で招待があれば会員になれる。同好会同士の団体戦も行われていて、チーム対抗戦や団体戦トーナメントも盛んである。ただ将棋に関しては団体戦トーナメントが開催されるのは実に5年ぶりとなる。やはり大会が開かれるには5人一組のチームが最低4つ以上できなければならないのでネックは人が集まるかにかか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆リバーシ(あべこべオセロ)

オセロ(リバーシ)は自分の色の駒が多いほうが勝ちなのだが、BrainKingの逆リバーシは相手より自分の駒が少ないと勝ちという変わったゲームだ。 http://brainking.jp/jp/GameRules?tp=12&fwa=ShowGame!g=4371505 では逆オセロで勝つにはどうすればいいのだろう。中盤までは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイコロ・ポーカー

BrainKingには129種類ものゲームがあるが、最近トーナメントに参加して初めて経験するのが、サイコロ・ポーカー(Dice Poker)というゲームである。5つのサイコロの目の結果をもとに、自分の列の13の枠を埋めていくという単純なゲームである。 ルールの説明は以下の通り。 http://brainking.jp/jp/Ga…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BrainKing 2010

BrainKingにはさまざまな賞品付大会があるが、もっとも多くの種類のゲームで優勝した人に賞品を与えるというタイプのトーナメントがある。そうなると有料会員でないと参加できない。できるだけ多くのゲーム種のトーナメントにエントリーしなければならないからだ。私も10種類のゲームにエントリーしたため今同時進行ゲームの数は155になってしまった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Brainkingの同好会

129種類のゲームが楽しめる多国語対応ゲームサイトBrainKingには同好会(Fellowship)という有料会員オンリーのサイト内団体がある。将棋倶楽部24でいうところのサークルみたいなものだ。12月に入ってSHOGIという同好会の副会長に任命されてしまった。副会長といっても同好会内の大会を開催したり、役職をつけたり、といったことが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BrainKingトーナメント2勝目!

将棋のトーナメント優勝に続き、思いがけずオセロ(リバーシ)のトーナメントで優勝してしまった。将棋以外のトーナメントで優勝するなんて思いもよらなかったからうれしい。 優勝したのはFriday 4 Player Elimination #96という一発勝負式の4人のトーナメント。4人参加のトーナメントは勝つ可能性が高いので挑戦してみる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BrainKing日本語版公開から6ヶ月

今年の5月7日に日本語版が公開されたBrainKingだが、日本語使用者は5月中旬で16人程度だったのが11月15日現在で46人になった。まだこれでも日本からの登録者(114人)の半数にもならない。日本語が公開されてからログインしていない人がまだ多いせいだろう。 プレイされるゲームは予想通り将棋が圧倒的に多い。BrainKingを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BrainKingトーナメント初優勝!

BrainKingに登録して2年以上たつが、トーナメントで優勝したのは初めてとなる。 優勝したのはPainter's Exhibitionという名のトーナメント。参加者はわずか4名。そのうち二人は早々に時間切れで敗退してしまっていたので実質的には2人の争い。事実上の決勝戦もあっさりと勝ってしまった。なので優勝したといってもあまり達…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連敗!!!

BrainKingで行われているオセロ10x10のトーナメント。18人参加中、9勝一番乗りで勝ち越しは決めたのだが、9連勝土付かずのあと2連敗。優勝争いからは脱落気味だ。とはいっても20何年ぶりのオセロで常連のプレーヤー相手に勝ち越したのだから自分としては大健闘の部類に入る。このトーナメントが一段落したら、オセロ6x6、逆オセロ(自分の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ついに1敗目!

BrainKing行われているリバーシ(オセロ)10x10のトーナメント"To Breathe As One" →To Breathe As One(リバーシ10X10)8月29日現在の暫定順位は以下の表の通り 順位 選手 勝ち点 S-B 勝敗 1 fukuhara 9.0 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BrainKing:チェス全種勝ち抜きトーナメント 3

BrainKingでは将棋、5五将棋、シャンチーを含む37種類のチェス類をプレーすることが出来るが、これら全種目におけるトーナメントの募集があったので紹介してみる。(トーナメントの日本語部分は私が翻訳しました) http://brainking.jp/jp/Tournaments?trg=34620&tri=465659 こ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オセロ8x8 3勝目

BrainKingではオセロ(リバーシ)10x10は6連勝と好調なのだが8x8のほうはようやく連勝して3勝目(6敗)をあげた。10x10での好調さが8x8の成績にもつながってきている。ハンゲームやPlayOKのオセロにも挑戦してみようかな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BrainKingリバーシ(オセロ)10路盤でTOP10デビュー

まぐれも4度重なるとすごいことになってきた。BrainKingでのリバーシ(オセロ)の10路盤はトーナメントで4連勝したこともありいきなりTOP10でBKR順位表に載ってしまった。 To Breathe As One パーティ記念大会 今参加している上記のトーナメントで4勝しているのは今のところ私だけ。勝ち点だけなら現在TO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BrainKingで拡大オセロ

日本ではオセロ(リバーシ)は8x8のマスでやるものという概念が強いが、BrainKingでは10x10のものもある、10X10となると8x8と違い、辺より中の占める割合のほうが大きい。そうなると隅を固めても勝てないという場合がより多くなりそうだ。まだ8路盤に比べ未知の部分が多いのが魅力かもしれない。今、To Breathe As One…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

「BrainKingニュース:エストニアからの招待状」について

「BrainKingニュース:エストニアからの招待状」について 追記: 主催者のJaakさんによると管理者から特別に許可をもらってポーン(無料)会員は残り枠5つあれば参加できるようにしたとのことです。トーナメントの中でなじみのあるものといえばオセロ(リバーシ)と囲碁といったところでしょうか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BrainKingニュース:エストニアからの招待状

BrainKingの会員になると思わぬところから招待状が届くことがある。先日、エストニアのJaakさんより招待状と日本語訳を頼まれたので以下のような日本語訳を作成した。 ----- 日本のプレーヤの皆様へ To Breathe as One パーティー記念大会 To Breathe as One パーティー記念大会2…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

BrainKingで将棋を指そう第6回:リーグ戦方式2

BrainKing日本語版はおかげさまで日本語登録者が26人となり、日本からの登録者も6月22日現在103人となりました。日本語のHNで登録する人も2人となりました。日本人同士でも楽しめるようになるというのはすばらしいことで今後が非常に楽しみです。 前回は対戦相手一人につき先手、後手それぞれ1ゲームずつ対戦する形式のトーナメントを…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

BrainKingで将棋を指そう第5回:将棋トーナメントの一例(リーグ戦方式1)

BrainKingでトーナメントに参加するといろいろなプレーヤーと知り合うことができます。名前を覚えてもらうこともできます。前回はトーナメントの種類についてかんたんに説明しました。今回は具体的にあるトーナメントをのぞいて見たいと思います。 今回紹介するのはリーグ戦方式のトーナメントで6 Month Rook To The Winn…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BrainKing日本語版公開から1ヵ月半

BrainKing日本語版が公開されて40日あまりたったが日本語版でプレーする登録者はまだ16人。日本からの登録者のせめて半分の50人までは夏までに達成したいのだがどうなんだろうか。 とはいっても日本からの登録者で休んでいた人が日本語版公開を機会に復活したりして以前より日本語が通じるプレーヤーが増えてきたのは心強い。最近登録した人…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「国内の象棋人口は5万人程度」について

「国内の象棋人口は5万人程度」について はじめて象棋というものを見たのは20年くらい昔、中国通の職場の同僚が中国人研修生相手に指していたときで、今ではまわりに指す人が居ないのでBrainKingやPlayOkなどネットでたまに指す程度。どのゲームにもいえるが指せる環境というものが人口にも大きく影響すると思う。将棋人口の最近の減少も身近で…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more