テーマ:江戸川乱歩

少年探偵団BD7:第26回:黄金仮面の謎&まとめ

第26回:黄金仮面の謎(最終回) 黄金仮面というと江戸川乱歩の原作にもあるし、それを二十面相ものとして再構成した仮面の恐怖王があるが、今回の黄金仮面は黄金仮面でもピカソ作だとか。今回の話はお決まりのパターンの裏をみごとにかいていてさすがに最終回だけあって入れ込み方が違う。でもテレビのエンディングにはどこにも最終回とは書かれていない。続…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

少年探偵団BD7第24~25話

第24話:はばたく純金の小鳥 今回はパチンコの名人ゴムカンが主役。今回狙われる宝が厳重な入れ子の箱に入っていたのには笑った。それにしても純金のからくりの小鳥とはユニークな代物。二十面相でなくても欲しくなりそう。歌うビーナスとか涙を流すマリア像とかまるでルパン3世に出てきそうな代物だ。もっともルパン3世の没ネタが使われても不思議ではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年探偵団BD7第22~23話

第22話:天才少年ゴルファー危機 今でこそ石川遼人気もあり子供がゴルフをやることに違和感がない時代となりましたが、70年代に爆発的ヒットとなったプロゴルファー猿には正直驚いた。あれ以来「明日天気になあれ」をはじめとするゴルフのプロを目指す少年を主人公とするドラマの名作が数々続くことになります。さて今回二十面相が狙うのがゴルフの天才少年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年探偵団BD7第21話:宇宙人が書いた聖書(バイブル)

第21話にはUFOを研究するBD7の通う小学校の若林先生が登場する。その若林先生はトンボが見ている前で宇宙人のような格好をした男に襲われる。しかし先生は襲われたということ自体を隠そうとする。実はノアの箱舟に書かれた聖書の原版を偶然発見して校内に隠し持っていたのだ。宇宙人風の怪人(怪人二十面相)はそれを狙っているらしい。当然BD7の出番と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

少年探偵団BD7第19~20話

第19話:密室から消えた光子V-1 今回の話はガッツが主役。ガッツが宇宙飛行士にあこがれていたとはね。その熱意を買われ特別にロケット発射実験を見学することができたのだった。実験用のロケットを回収しようとすると二十面相から光子V-1はいただくと予告状。ロケットを盗むなんて007みたいな話だ。BD7の包囲網をかいくぐる二十面相がなかなかか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

少年探偵団BD7第17~18話

第17話:鬼の住む教室 このあたりになると江戸川乱歩の原作から離れ、BD7のキャラクターにスポットライトを当てたドラマ作りとなってきている。今回はパチンコ(飛ばすほうのパチンコです)の名人、ゴムカンが主役。BD7のメンバーは中学生の小林少年とガッツは除きすべて同じ小学校に通っているという設定となっている。 小学校高学年から英語を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年探偵団BD7第15~16話

夏休み中に撮りだめしたのか地方ロケシリーズが続く。 第15話:大入道三百年の呪い 今回も11話に続きオカルトじみたテーマ。担当者の趣味が出るのか。舞台が仙台なので第12話と撮影されたのはほぼ同じ時期だろう。今回は明智探偵の妹のちはるさんが重要な役割を示す。ロケらしく仙台の観光地(天守閣自然公園)が登場する。今回はトンボがちはるさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第14話:七色の皇帝時計

地方ロケシリーズ第2弾。今回は長島温泉が舞台。このシリーズでは長島温泉周辺を舞台にした話が今後も登場するのでこれもいわゆる撮りだめのためのロケだろう。今回、二十面相が狙う七色の皇帝時計は青銅の魔人で二十面相が盗もうとしたものと非常に似ている。そしてロボター7が再登場、大活躍する。それにしても団巌の演じた中東の小国のプリンスには笑ってしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年探偵団BD7第13話:標的はBD7

少年探偵団BD7の副団長、ガッツ君は中学生。今回の話ではあこがれの白雪姫こと白鳥ゆき恵より父の発明したショック銃を取り戻して欲しいとの依頼を受ける。白鳥教授を演ずるのは根上淳と大物俳優を起用。現金輸送車を襲うためにショック銃を使うというのはルパン3世みたいだ。少年探偵団と明智探偵への復讐という狙いもある。今回ばかりは少年探偵団への身の危…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年探偵団BD7第12話:バリハイの魔術師ガルダ

12話以降は、やたら有名な観光地がでてくるが特撮恒例の地方ロケか。今回は蔵王のお釜が舞台となる。蔵王のお釜は特撮の戦闘シーンがよく撮影される場所なのか?確かに少年探偵団BD7の製作スタッフは他の特撮シリーズで実績を上げている人たちだし、同時進行している他の特撮番組のロケと一緒に撮影して経費節約しようとしているのかも。このあと仙台を舞台に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年探偵団第11話:地獄のエクソシスト

今までの話は原作を参考にしたらしい部分が見られたのだが、今回の話は完全なオリジナル。エクソシストって映画はやりましたね。今回は病弱の少年が平清盛の亡霊にとりつかれるという、オカルトじみた話である。 平林新一という少年が清盛の霊にとりつかれたときの表情がマジ怖い。しかしこれがトリックだったとは。よく見ると二十面相お得意の催眠術を取り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年探偵団BD7(第9~10話)

少年探偵団BD7のOPには2種類あって自転車でそろって疾走するBD7のメンバーと当時流行したローラースルーGOGOで一緒に進むBD7のものとである。8話までは江戸川乱歩の原作にかなり近い展開であったが、9話以降はオリジナル色が強くなる。乱歩の原作を翻案するよりも、BD7用に話を作ってしまったほうが楽なのか。 第9~10話 今回の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年探偵団BD7(第5~8話)

1975年の特撮ドラマ「少年探偵団BD7」も回が進むとお約束事のパターンが見えてくるようになった。 第5~6話:墓場からの死者1~2 これは「妖怪博士」を元に作られているようだ。筆者は原作は未読。深窓の令嬢が怪人二十面相に狙われ、少年探偵団が救うというパターンが定着しそうだ。なので二十面相は誰かがすぐわかってしまうのがつらい。例…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年探偵団BD7

最近の怪人二十面相ブームもあるのか、昔の少年探偵団のTVドラマがDVD化されている。1巻目を試しにレンタルで見てみたが結構笑えた。原作では少年探偵団は23人いることになっているのだがこのドラマでは主要なキャラクターを基にした7名の団員が活躍する。 第一話と第二話は宇宙怪人を基に作られているようだ。怪人二十面相が変装をとくときに変身…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more