テーマ:英語で将棋

英語で将棋Lesson 15 銀特有の動き

金同様銀も棋譜表記する際やっかいです。チェス式では銀特有の動きをどのように表現するのか見てみましょう。 図1 図1では3四(3d)の地点に四枚の銀いずれも行く可能性があります。1.4五(4e)の銀が3四(3d)に動いた場合:S4e-3dとチェス式では表記します。(日本式では3四銀左)2.3五(3e)の銀の場合、S3e-3d …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

英語で将棋:Lesson 14: 金特有の動き

チェス式棋譜で一番やっかいなのが日本の棋譜で例えば金右、銀左、同飛行とかいった表記をどうするのかといったことです。これからのレッスンでは同じ場所に複数の同種の駒が行く可能性がある場合チェス式ではどう表現するのかを学んでいきます。 今回のレッスンではまず金を取り上げます。守りの駒である金は複数の駒が固まることも多く、どの金が動いたの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

英語で将棋 Index Lesson14~

5月中に再開予定の英語で将棋はLesson 14以降は基本編中心となります。応用・チャレンジ編は不定期にテスト形式で入れていきたいと思います。当面の予定です。 以前のIndexはこちら Lesson 14 金特有の動きLesson 15 銀特有の動き Lesson 16 歩・香・桂の動き(仮) Lesson 17 角・飛車の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「どうぶつしょうぎ」で海外に将棋を広めたい‐北尾女流初段シンポジウムで熱弁

今、世界ではチリの救出劇に熱い目が注がれている。ここ数日間将棋界の激動はこの大ニュースの前にかすんでしまうかもしれないが、非常に画期的な出来事の連続であった。 11日のあの世紀の大決戦の2日前、10月9日(土)に東京工業大学大岡山キャンバス蔵前ホールで開催された羽生名人を第1部の講演者として招いたシンポジウムの第2部パネルディスカ…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

英語で将棋:特集ISPSシンポジウム(1)当日の模様に関するブログ・メディア記事

10月9日に『将棋を世界に広める会』創立15周年・NPO法人化10周年「将棋:世界普及への新たな展開」と題したシンポジウムは300人近い将棋ファンおよび関係者が参加する盛大なものとなりました。英語で将棋管理人がまさに待ち望んでいた企画であり、このようなすばらしいシンポジウムを運営してくださった方々に本当に感謝いたします。さて、内容があま…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

将棋が世界に普及するにはサポート体制とルール・表現の標準化...羽生名人講演

10月9日東京工業大学の大岡山キャンバス蔵前会館にて表記の羽生名人の講演を含むシンポジウムが開催されました。 実はシンポジウムが始まる前、羽生名人に会ってしまいました。蔵前会館はてっきりキャンバス内にあると思っていた私は案内板の前にいました。ちょうどそのとき羽生名人もそこへ。しばらく2人で案内板を見て羽生名人が蔵前会館の場所を図か…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

英語で将棋:Lesson 13復習問題2基本問題2(解答と解説)

これからの問題は局面図を使う問題が増えてくると思います。図を示してコメントをするというのが一番オーソドックスなやり方でしょうから。。。 3:局面図へのコメント(選択問題、一部記入あり)10x4=40点 JiroさんはSenteさんとGoteさんの対局をもとに以下のブログを英語で書きました。ヒントの日本語訳を参考に(   )内にチ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

日本人によるネットでの海外将棋普及活動

日本人によるネットでの将棋普及活動というと庭田 禎久さんが主宰し、takodoriさんやw1allenさんらも参加した将棋倶楽部24でのサークルISCがありました。確か2005年あたりまで活動していたと思います。月1回月例会を行ってそのときの成績により級段位を認定していました。駒落ち対局も充実していていました。 現在は更新されてい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

英語で将棋 Lesson 13 復習テスト2 基本問題1(解答と解説)

久々の更新が復習テストとなってしまいました。この講座初めてで挑戦された方本当にお疲れ様でした。 この講座では将棋英語系サイトでは初めてドリルを導入しています。本当に使えるようにするためには実際に使われているのと近い状況を再現してテストを行うことが効果的と考えるからです。さて今回の復習問題は2部構成でこれが第一部の解答と解説、第二部の解…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

英語で将棋:はじめに国際将棋へようこそ(改訂版)

日本人に長く親しまれていた将棋も碁、マージャン同様、海外にも愛好者がいます。インターネットの 発達によって海外の将棋ファンと日本の将棋ファンが交流できるという時代が到来しました。 日本最大の将棋サイト「将棋倶楽部24」は海外の将棋ファンにはshogidojoの名前で親しまれています。 海外のゲームサイトでも将棋ゲームのできるサ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

英語で将棋 Lesson 13 復習問題2 基本問題2

3:局面図へのコメント(選択問題、一部記入あり)10x4=40点 JiroさんはSenteさんとGoteさんの対局をもとに以下のブログを英語で書きました。ヒントの日本語訳を参考に(   )内にチェス式棋譜または英語表現を以下の選択肢より選んでください。 Diagram #1 (    1 棋譜   )(Diag.1…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

英語で将棋:復習テスト受験者に。。。

今回の復習テスト基本問題では英文の将棋系サイトでよく出てくる表現が多く登場します。これからの復習テストには受験者の成績に応じ、段級を与えたいと思います。名づけて「将棋英語奨励会」 今回の復習テスト基本問題1・2合計点で正解率8割以上の得点者には6級、応用問題1.2.3でも得点に応じ5級または4級を付与したいと思います。目指すは将棋英語…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

英語で将棋Lesson 13 復習問題(基本問題1)

今回の復習問題はLesson8~12の内容を中心に問題を作成しましたがLesson 1~5で習ったことからも出題されます。前半がチェス式棋譜を読み取る問題、将棋用語の問題で一枚目、後半の図をもとに簡単な英語のコメントをつける問題は二枚目となります。 1 チェス式棋譜→戦法名を当てる問題 (10x3=30点) 例) P-7f P…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

英語で将棋:Lesson 7 復習テスト(応用編3)解答例

今回の問題はリスニングに加え、将棋の知識も多少必要となります。かなり実戦的な問題です。 III 次郎くんは問題IIの対局をみてHIDETCHIさんの次のビデオを紹介しました。ビデオの該当箇所を文章化した部分の空白を埋め以下の設問に答えよ。(ディクテーション・記述問題)穴埋め2x15 記述10x3 計60点 1: Vid…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

英語で将棋Lesson 7: 復習テスト(応用編2)解答例

お待たせしました。解答例を発表します。 Ⅱ次のYouTubeビデオの対局を見て以下の設問に答えよ。3x10= 30点 1)Video: 00:18 このビデオを見ていた次郎くんは以下のコメントを書きました。英文の空白に適当な言葉を埋めよ。 I am really surprised that shogi …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

英語で将棋Lesson 7 復習テスト(応用編1)解答と解説

今回は私立入試試験問題レベルの問題となっていました。本格的な英文解釈で難しかったと思います。 それでは解答を Ⅰ長文読解(正誤および記述) 次のリンクの英文はあるオンラインサイトで将棋のルールを説明したものである。英文をよく読んで以下の設問に答えよ。 http://brainking.jp/en/GameRules?…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

英語で将棋:Lesson 6: 復習テスト(基本編)解答例

お待たせしました。復習テストの解答を発表します。 Ⅰ日本語の棋譜をチェス式に直せ(一問10点x4=40点) A:▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩▲7七銀 (昔の矢倉の出だし) B:▲7六歩△3四歩▲2六歩△8八角成▲同銀△4二銀▲4八銀△3三銀▲7七銀△2二飛▲6五角(第25回朝日オープン五番勝負第3局より) C:▲7七同金…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

英語で将棋:Lesson 12 これは一局の将棋です

Lesson 11の続き 第1図 より先手が▲7六歩と指したときに後手が△8六歩とするのは後手が悪くなることは前回述べました。では後手はどう指すべきかというと無難に指すなら△3二金(G-3b)か△3四歩(P-3d)でしょう。 英語で表現すると If the white wants to play it saf…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

英語で将棋:Lesson 11: この手は嵌め手(はめて)です

引き続き、SenteさんとMe-Goteさんの将棋を取り上げますが、これからは局面を画像化します。 では第1図(Diagram #1)をご覧ください。 ここから先手が▲2四歩(P-2d)とするのは悪手(bad move)で正しい手(right move)は▲7八金(G-7h)であることを説明する表現を前回まで習ってま…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

HIDETCHIさん将棋で英語講座開講!

将棋を英語でどう表現するかということを扱ったサイトはあまり多くないのですが、ついにあのHIDETCHIさんが英語で将棋講座を開講しました。Lesson 3 基本動詞編をちょっと拝見させていただきましたが、なんか予備校のビデオ講座みたいですね。簡単な発音講座があったり、従来の訳を鵜呑みにしない姿勢も共感できます。正式名は将棋で英語です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語で将棋:Lesson 10: 定跡書によれば。。。

Lesson 8, Lesson9と相手の指した良くない手を指摘する表現を見てまいりました。さて、それでは実際の対局を見た感想としてコメントをして見ましょう。 まずSenteさんとMe-Goteさんの対局をご覧ください。 http://www.youtube.com/watch?v=2jfYz5xT8BI Senteさ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

英語で将棋Lesson 9: こう指したほうがいい

悪手(bad move)を指摘したら今度はどの手がよかったかも当然教えてあげなければなりません。 今回のレッスンではそんなときに便利な表現をいくつか紹介します。 A is better Aという手のほうがいいです。例:P*6h is better. 6八歩(打)のほうがいいです。 A pawn drop to 6h is…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

英語で将棋Lesson 8: 悪手をとがめる

Lesson 8からLesson 12までは応用編2の問題の題材とした外国人同士の対局を基に構成します。 http://www.youtube.com/watch?v=2jfYz5xT8BI YouTubeを埋め込むとかなり重くなるのでリンクでご勘弁ください。 さて、この対局は日本語の棋譜に直すとこのように始まります。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

英語で将棋:Lesson 7 復習テスト(応用編3)

今回の問題はリスニングに加え、将棋の知識も多少必要となります。かなり実戦的な問題です。 III 次郎くんは問題IIの対局をみてHIDETCHIさんの次のビデオを紹介しました。ビデオの該当箇所を文章化した部分の空白を埋め以下の設問に答えよ。(ディクテーション・記述問題)穴埋め2x15 記述10x3 計60点 1: Vid…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

英語で将棋INDEX(Lesson 0~Lesson 13)

英語で将棋シリーズは飛び飛びで更新しているのでそろそろINDEXが必要な時期となりました。 最初から見たい方はこちらのページをご利用ください。 Lesson 0 はじめに:国際将棋へようこそ(改訂版) Lesson 1 :数字は列、アルファベットは行 Lesson 2:駒は成るとプラスになる~駒の名前 Lesson 3…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

英語で将棋Lesson 7 復習テスト(応用編2)

復習テスト応用編ではより実践的な問題を出していきます。一枚目は英語で将棋のルールを説明したサイトを題材に問題を出しました。二枚目では、外国人同士の将棋対局にコメントをつけるという設定で問題を出してまいります。 Ⅱ次のYouTubeビデオの対局を見て以下の設問に答えよ。3x10= 30点 1)Video: 00:18 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

英語で将棋Lesson 7 復習テスト(応用編1)

応用編のテストは3部構成になっています。最初の問題は将棋に関する長文を読みその内容について答える形式(いわゆる入試問題の長文読解)です。 Ⅰ長文読解(正誤および記述) 次のリンクの英文はあるオンラインサイトで将棋のルールを説明したものである。英文をよく読んで以下の設問に答えよ。 http://brainking.jp/en/G…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

英語で将棋:Lesson 6 復習(基本問題)

だいぶご無沙汰しました。英語で将棋ではすぐ役立てるようドリルをふんだんに取り入れて行きたいと思います。 基本問題は駒の名前、日本語の棋譜をチェス式に直す(一番役に立つのでこの系統の問題が中心です)問題。 あとはクイズのようになりますが、チェス式の棋譜から戦法名を選択してもらう問題(基本編では日本語のヒントがあります)と将棋用語(…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

将棋の町天童をトリップアドバイザーする(その9)

その8で人間将棋の記事を書いたのですが、トリップアドバイザーの担当者から通知があり、特定のイベントの記事はふさわしくないとの理由で人間将棋の記事はぼつにされてしまいました。 一応、天童の観光情報に欠かせないので削除は違うとは書きましたが、イベント情報のひとつとして書き直す必要がありそうです。口コミサイト大手のトリップアドバイザーに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more