少年探偵団BD7第21話:宇宙人が書いた聖書(バイブル)

第21話にはUFOを研究するBD7の通う小学校の若林先生が登場する。その若林先生はトンボが見ている前で宇宙人のような格好をした男に襲われる。しかし先生は襲われたということ自体を隠そうとする。実はノアの箱舟に書かれた聖書の原版を偶然発見して校内に隠し持っていたのだ。宇宙人風の怪人(怪人二十面相)はそれを狙っているらしい。当然BD7の出番となるが、明智先生がノアの箱舟宇宙人説を唱えたのには笑った。第1~2話では宇宙人に否定的ではなかったんでしたっけ。江戸川乱歩の原作では魔法博士の話で二十面相がグーテンベルグの世界最初の聖書の原版を狙う話があるがその話を参考に今回の話は作られたのか。

"少年探偵団BD7第21話:宇宙人が書いた聖書(バイブル)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント