釣りキチ三平第30話:三角瀞の主

釣りキチ三平で3話も続けて大物釣りの話が出ないのは物足りないなあ。そう感じた方30話ではお決まりのパターン大物釣りが帰ってくる。

今回三平が挑戦するのは人工の堰で止めた三角瀞と呼ばれる農業用ため池のような場所。三角瀞の主ときたら水鳥ですら飲み込む巨大魚。アヒルの雛が三角瀞の主の犠牲になった。それを目撃していた三平。もうこうなったら釣るしかない。さて、釣りキチ三平にはユニークな仕掛けが数多く登場するが、スイカ作戦とは面白い。鼠をえさに使ったり、最後に牛の力を借りるのはイトウ釣りの章を思わせる。毛ばりの神様の章ではフーコこと房子という幼い少女が三平の応援をするのだがこの話ではちーちゃんと呼ばれているやはりフーコちゃんと同じくらいの女の子が三平にエールを送る。チーちゃんどこかドカベンのさっちゃんに似ているなあ。

一話完結の話ながら大物釣りのお約束事満載。結構楽しめる。

"釣りキチ三平第30話:三角瀞の主" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント