三国志を英語にすると?

英語で世界に発信しよう:楽天出張所 2006年10月2日付ブログより転載、一部修正

三国志って英語だとthe Romance of Three Kingdomsに決まってるじゃないか。
実を言うと私も最近までそう思ってましたが実はそんなに話は簡単ではなかったのです。

その話題に火をつけたのは三国志サポート掲示板のこのスレッドでした。


「三国志」は本来陳寿(Chen Shou)によって編纂された歴史書なんですが日本では明の時代の羅貫中(Luo Guanzhong)の歴史小説「三国志演義」のことを一般に指すようになってしまいました。

英語では歴史書と小説は明確に区別されています。

陳寿の編集した歴史書の三国志は
Sanguo Zhi/Records of Three Kingdoms/Chronicles of Three Kingdoms

といろいろな表現がありますが、一般にはRecords~のほうが普及しているようです。
Sanguo Zhi(略称SGZ)は中国通あるいは研究者がよく使うようです。

羅貫中作の小説の三国志演義は
Sanguo Yanyi ...略称SGYY。中国通、研究者がたまにこの表現を使います。中国語のピンイン読みです。
Romance of Three Kingdoms: コーエーの三国志ゲームの人気により三国志演義を表す表現として普及しているようです。ROTK, RTKと略して使うこともあります。コーエーの三国志ゲームの英語タイトルは日本で最も普及している三国志英訳である
C.H. Brewitt Taylor 訳(初版1925年)のタイトルからきています。
アメリカではMoss Roberts(Three Kingdoms: A Historical Novel, 初版1976年)がかなり普及しているようです。

なお小説の三国志演義を指す表現として、Epic of Three Kingdoms, Saga of Three Kingdomsという
表現も見られます。これはRomanceという表現に抵抗を感じる人たちがこう表現しているとのこと。私自身としてはこちらのほうが何も知らない人たちに説明するにはしっくり来ると思うのですが。事実amazon.comで三国志演義英訳の解説をするときにはepicという言葉が使われています。

なお三国志演義に登場する人名は中国語のピンインのつづりをそのまま使っています。日本人が英語圏で三国志を扱ったページになかなかなじめないのは日本人が三国志人名のピンインつづりをほとんど知らないからです。

なお、中国人の人名表記には2種類ありますので、その違いをのちのち解説します。

Three Kingdoms: A Historical Novel
Univ of California Pr
Guanzhong Luo

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック