アニメ釣りキチ三平第49話RCフィッシング

釣りキチ三平は1973年から83年まで少年マガジンに掲載されていた人気漫画。釣りブームを牽引する作品となった。釣りキチ三平は海外でもファンがいたようで、その縁で海外の賞金フィッシング大会に参加する話に発展している。

アニメ釣りキチ三平は世界名作劇場を長年手がけていた日本アニメーションが担当し、2年以上続く長寿シリーズとなった。それでも原作の最終回釣キチ同盟までは取り上げることもできなかった。矢口高雄が原作中でも力を入れていた自然描写がこのアニメシリーズでも生かされている。OPも少年向けには珍しく、雄大な自然と人間をテーマとしたようなじっくりと聴かせる歌で、むしろエンディングの方が少年向けのOPには近いのかも。

第49話のRCフィッシングは山上湖の舞姫に引き続き、ラジコン船を使ったトローリングがテーマになっている。ただし、マガジンに掲載順ではこちらのほうが早く、山上湖の舞姫はその後であった。ラジコンを制作するのはメカ好きの三平も顔なじみの若者とされている。ラジコン船と釣り愛好家のけんかも当時では日常的だったのだろう。現在のドローンに対する反応と似ているか。釣りキチ三平では珍しく最後はターゲットのイワナを逃すエンディングとなり、釣りの奥深さを引き立てている。


核兵器はなくせる (岩波ジュニア新書)
岩波書店
川崎 哲

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック