英語で将棋:Lesson 13復習問題2基本問題2(解答と解説)

これからの問題は局面図を使う問題が増えてくると思います。図を示してコメントをするというのが一番オーソドックスなやり方でしょうから。。。

3:局面図へのコメント(選択問題、一部記入あり)10x4=40点
JiroさんはSenteさんとGoteさんの対局をもとに以下のブログを英語で書きました。ヒントの日本語訳を参考に(   )内にチェス式棋譜または英語表現を以下の選択肢より選んでください。

Diagram #1
画像

(    1 棋譜   )(Diag.1). Now Sente's move(棋譜2) seems unusual but during Masuda, Oyama days during 1950s, bishop exchange games starting like that were not that uncommon. (1)Senteさんの指した手(棋譜2)は珍しい手ですが升田・大山時代はこのような出だしの角換わりは珍しくありませんでした。Nowadays the best 3rd move for black is said to be (3棋譜). But occasionally pros choose (4 棋譜)。
今では(3)と指すのが最善とされています。プロ棋戦ではまれに(4)もあります。
Very few shogi players now pick (2) as Sente did.
Senteさんのように(2)と指す将棋プレーヤーは今ではほとんどいません。
Shogi beginners often pick ( 5 棋譜)but this move is a (6 表現)。
将棋の初心者は(5)と指す人が多いですがこの手は悪手です。

<選択肢・棋譜>
A: G-7h B: P-9f C: P-7f P-3d P-2f P-4d P-2e D: P-2f P-8d P-2e P-8e P-7f E:S-4h F: P-2d G: P-7f
<選択肢・単語、表現>
H: trap I: bad move J: cool move
解答欄 1( D        )2(         )3(          )4(          )5(          )
      6(  I       )
Diagram#2
画像
Diag.1...( 棋譜 7)...Diag2. Faced with black's (2), white played (棋譜8)which was a bad move. Diagram 2 position is much better for black.
先手の(2)に対し後手は(8)としてきましたがこの手は悪手でした。図2では先手が優勢です。

設問1 図1からの手を日本式で表すと
△8六歩▲同歩△同飛▲2四歩△同歩▲2三歩△8八飛成▲同飛△9五角(図2)となる。この棋譜をチェス式に直し(7)の空欄に記入せよ。

<選択肢・棋譜>
K:P-8f L: R-8d M: R-4b

7(P-8f Px8f Rx8f P-2d Px2d P*2c Rx8h+ Rx8h B*9e)                                   

8(   K       )

Diagram#3
画像
Then how could Gote have played after Diagram #1? From Diagram #1 either G-3b(diagram #3) or (棋譜9) could have been better for white. From the move (9) it could lead to Side Pawn Picker. Move G-3b may possibly lead to (表現10)
では図1ではGoteさんはどう指せばよかったのでしょうか。3二金(図3)あるいは(9)でしょう。3二金からは(10)、(9)からは横歩取りとなる可能性があります。
<選択肢・棋譜>
N:S-3b O: R-4b P: P-3d
<選択肢・単語、表現>
Q: Double Ranging Rook R: Double Wing Attack S: Bishop Exchange

9(      P            ) 10(      S           )

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Shogidono1
2011年02月24日 21:46
英語では、次の将棋用語をどのように表現するのでしょうか?とくに、同じ種類の駒が近くに集まっていて、どの駒を動かしたか、明らかにするときに対応する表現を考えています。
例)銀上がる、右銀不成、銀直、金寄、銀下がる、同銀、同飛、同角....etc
よろしくお願いします。
2011年02月25日 18:40
チェス式ではたとえば5二金右のような場合、6一(6a)にあった金が5二(5b)に移動したという表現をします。つまりG6a-5bとなります。つまり日本語の表現に関係なく
駒名の略(元の位置-動いた位置)
これで表現できます。ただ気をつけなければいけないのは成ったり駒を取ったりした場合です。例えば4四(4d)と3四(3d)の二箇所に銀があったとします。
4四の銀が3三の駒を取って不成りの場合を考えて見ます。この場合チェス式ではS4dx3c=と表現します。xは駒を取るときに使う記号でしたね。銀のように成り、不成りを選択できる駒の場合成ったときは後ろに+、不成りのときは=を使って表現します。その他いろいろなケースが考えられますがLesson14以降図を使いながら説明し、ドリル演習もしますのでよろしくお願いします。3月以降にLesson14以降は更新する予定です。

この記事へのトラックバック

  • 英語で将棋INDEX(Lesson 0~Lesson 13)

    Excerpt: 英語で将棋シリーズは飛び飛びで更新しているのでそろそろINDEXが必要な時期となりました。 Weblog: 英語で世界に発信するブログ racked: 2010-10-08 18:17