日本人によるネットでの海外将棋普及活動

日本人によるネットでの将棋普及活動というと庭田 禎久さんが主宰し、takodoriさんやw1allenさんらも参加した将棋倶楽部24でのサークルISCがありました。確か2005年あたりまで活動していたと思います。月1回月例会を行ってそのときの成績により級段位を認定していました。駒落ち対局も充実していていました。

現在は更新されていませんがこれがISCのページです。
http://www.shogi.net/isc/index.htm

その後ISCは解散してしまいましたが、メンバーによる独自の活動が行われていました。
takodoriさんw1allenさんはそれぞれ自分で英語の将棋情報ページを立ち上げられました。

Takodoriさんの英語ブログ
w1allenさんの英語ブログ

私は2008年「英語で将棋」をブログ上でスタート、2009年brainking.jpの日本語版の最後の仕上げをしました。

そして2008年から2009年ころにかけ新たな動きが起こりました。日本語で書かれた将棋の本をネット上で英訳するプロジェクト
です。→ 「シリコンバレーから将棋を観る」英訳
その企画に共鳴した有志による勝又清和著「最新戦法の話」英訳プロジェクト


そして2008年にスタートしたHIDETCHIさんによる英語による将棋解説ビデオ講座が快調にアクセスを伸ばし続けました。

そして2010年HIDETCHIさんらによる新たな将棋対戦サイト81dojoが本格起動。これでますます日本人の将棋ファンと海外の将棋ファンとの接点が広がることでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

w1allen
2010年10月09日 14:33
たいがあさん、こんにちは。

2004年に、たいがあさんが取りまとめられた、ISC海外メンバーによる将棋倶楽部24リレー将棋大会の参加も画期的な出来事だったと思います。

ISCは解散したんでしたっけ?活動休止状態になったんだと思っていました。それはさておき、あの頃は海外の人と交流が出来ているという充実感、どこまで活動が大きくなるのだろうという期待感と、果たして自分がついて行けるだろうかという不安感も色々と感じていました。

結局、資格取得(←結局、今だに取れていない(T T) )のための勉強のために、ISCでの活動を休止させてもらうことになったのですが、その後のISCの活動を停滞させた一因にもなってしまったのかなと後悔もしています。

最近の英訳プロジェクトやHIDETCHIさんの講座には、たまげてしまうものがありました。おおきなうねりがまた発生したようで、今後の将棋の海外普及にものすごいインパクトを与えた「事件」とも言えると思います。

私の方は、地道に楽しくやっていこうと思っています。明日19:00よりオーストラリアのramalamさんと指す約束をしているのです。

w1allen (a Japanese shogi fan)
"To spread Shogi over the world"
http://w1allen.wordpress.com/
"wonderful shogi world"
http://w1allen.blogspot.com/
my shogi club 24 ID is "w1allen"
my skype ID is also "w1allen"
---If there is something wrong or unclear, please inform me it.---
2010年10月12日 10:18
アレンさんISCでは大変お世話になりました。ISPSのシンポジウムではDarumaさんにもお会いできました。仕事が多忙でなかなか将棋どころではないとのこと。最近は81Dojoで楽しく指しています。また将棋倶楽部でお会いしましょう。

この記事へのトラックバック