英語で将棋:Lesson 7 復習テスト(応用編3)解答例

今回の問題はリスニングに加え、将棋の知識も多少必要となります。かなり実戦的な問題です。

III
次郎くんは問題IIの対局をみてHIDETCHIさんの次のビデオを紹介しました。ビデオの該当箇所を文章化した部分の空白を埋め以下の設問に答えよ。(ディクテーション・記述問題)穴埋め2x15 記述10x3 計60点


1: Video 00:36
Now ( 1 instead ) (  2 of  ) pushing the pawn ...and go pawn to 2d, the standard move line ( 3 tells ) (   4 us  ) to go (  5 gold   ) to (  6 7h  ) defending the 8g square, the weak point of bishop.

上の説明を参考に相掛かり(Double Wing Attack)の序盤で先手が2四歩を突く前に7八金とする理由を簡単に述べよ。
(  後手が8六歩と突いたとき角頭を守るため                                       
棋譜表記を使わずに手を表現できるようになるとかなり英語らしくなります。HIDETCHIさんのすごいところはそれが自然に出来るところです。

2: Video 03:38
...and here white will make the best use of this ( 7 bishop  )that he's just got and ( 8 drop )it to here, folking the ( 9 rook )and the ( 10 pawn )here.
※folk A and B ...AとBの駒を両取りにする
上の説明によれば後手はどう反撃すべきか簡単に述べよ
(  取った角を3五に打ち、飛車と歩の両取りを見せる                          

3: Video 04:54
But how about taking it with a silver? Well, actually this is not a good move. If you take it by the silver the black will be ( 11 taking  )(   12 advantage   ) of this position. ...It's (   13 bishop  )(  14 drop  )to 3f, threatening to promote this square(6c). But his (white's) only way to protect this square is ...by the (   15 rook  ), because otherwise, the rook protection to this silver(2b) is blocked. So black will win.

上の説明を参考に先手の3六角打に6二銀としてはいけない理由を簡潔に述べよ。

( 6二銀と受けると、飛車の横の利きがなくなり銀を飛車にただで取られてしまうため
take advantage of は(相手の動きを)とがめる場合にも使われます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 英語で将棋INDEX(Lesson 0~Lesson 12)

    Excerpt: 英語で将棋シリーズは飛び飛びで更新しているのでそろそろINDEXが必要な時期となりました。 Weblog: 英語で世界に発信するブログ racked: 2010-06-19 10:03