3月のライオン第4巻

将棋世界の5月号の広告で発売を知って大急ぎで買おうとしたんですが、4巻はどこにあるんだか探してしまいました。1~3巻が積み上げられているところとはぜんぜん別のところにおいてあるからすぐにわからなかった。書店もイジワルな

さて、ここのところ将棋が中心で川本三姉妹の登場場面が少なくなってましたが、いよいよ香子VS三姉妹が実現しました。あかりさんの冷静さが逆に凄みがありました。でもやはりもう一人の主人公ひなたちゃんの行動には拍手。読者からよくやったといわれそうですね。

あかりさんから見ると香子さんはどううつったのかなあ。というのが気にかかりますね。男に悪態をつくなんてことあかりさんの立場では許されないことで内心はうらやましいのかも。香子さんからみると家庭的で男をとりこにしてしまうあかりさんはやはりうらやましいのかもしれない。ともに今の自分は本当の自分なんだろうかという問いかけをつまりアイデンティティーの葛藤があるのかもしれない。この出会いによって二人のキャラクターに異変が起こる気がします。

ひなたちゃんの行動力の影に隠れてしまうんですが、モモちゃん、大好きなれいちゃんを守るんだという気持ちが出ていたように思います。何しろ一番最初に零のもとに行ったのはモモちゃんなんですから。やはり今後の展開のかぎは実はモモちゃんが握っているんではないかと考えます。

作者にとってはじめてのタイトル戦の取材本当にお疲れ様でした。零が早くタイトル戦の挑戦者になってほしいですねえ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック