NBC:米フィギュアスケート男女金メダリスト キム・ヨナ・浅田真央について語る

バンクーバー女子フィギュアスケートSP後に収録された番組のYouTube video.
http://www.youtube.com/watch?v=R7vMbQZAjMw

クリスティ・ヤマグチはご存知の方も多いと思うが1992年のアルベールビルの女子フィギュアスケートの金メダリスト。スコット・ハミルトンは1984年サラエボ大会の金メダリストである。

驚いたのは、アメリカのテレビ局なのに、長洲やフラットについては後で軽く触れるだけ。ロシェットにはほとんど言及なし。金メダリスト2人はキム・ヨナと浅田真央の頂上対決に深く関心を抱いているようであった。2人の話はヨナと真央の話に集中していることからもそれはよくわかる。英語圏の映像メディアにキム・ヨナと浅田真央がこれほど大きくスポットライトを浴びるのはたぶん初めてだと思う。

二人ともヨナ、真央が偉大なスケーターであることを前提とした上でSPを滑り終えた2人の演技について比較する。

スコット・ハミルトンいわく
She flies across the ice, there's absolutely no hesitation which is going to need to jump...
and she covers so much ice...
とキム・ヨナについては最大限の賛辞を送っている。特にジャンプに入る前にほとんど助走なく出来るというスムーズに滑れる技術をハミルトン氏は高く買っているようである。

一方真央については
she is brilliant but much slower, much smaller and it doesn't have the same kind of up-into-the-third-level impact that Yuna has
とやや辛口の評価だ。ヨナと比較すると総合力でどうしても見劣りしてしまうということらしい。

レポーターがヨナはトリプルアクセスを飛ぶ必要がないくらい洗練されているのではとの問いにクリスティ・ヤマグチは
...ironically, her(Yuna's) combination of triple rutz and triple toe actually garners more points than Mao's triple axel double toe combination ....
※garner: 集める

と現行の採点方法では真央のSPプログラムは戦略的に損していることを示唆しながら、
she(Yuna) does have other qualities, like Scott says, that are beyond the other skaters: the speed, the power and overall presence
とハミルトン氏の指摘する総合力でヨナが真央を上回っていると分析している。

真央が勝つためにはフリーでの戦略の建て直しが必要かとの問いに
ハミルトン氏は
the strategy she has.. she's only in the world who does triple axel...
と世界の女子でトリプルアクセルを跳べるのは真央しかいないんだからそれで勝負する以外ないだろうという
トーンで答えたが、
and she's going to parrot for two more in free program...
※parrot: 動詞で使うと繰り返す(repeat)の意味になるがやや皮肉をこめた言い方

and it probably would not be enough ....but it doesn't have the same speed and same flow across the ice.
と例え、トリプルアクセスを成功させたとしても今の真央はスケートの早さ、流れの滑らかさでヨナとは差があるので
逆転は難しいだろうと語っている。

アメリカのメディアであれば関心の的はロシェットだったり、長洲やフラットに行くはずなのだがあの二人は
過去のメダリストの関心を奪ってしまったようだ。

世界選手権後はぜひ浅田真央はNBC単独インタビューに出てほしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック