世界ジュニア女子2位:アグネス・ザワツキー

フィギュアスケートの世界ジュニア選手権での一番のニュースはロシアが5つのメダルを獲得してフィギュア大国の面目を保ったことでも、日本が男女シングルで優勝したことでもない。それ以上に世界のフィギュアスケートの関係者に衝撃を与えたのは、初めての国際大会であるジュニア選手権でいきなり銀メダルをとったアメリカ代表のアグネス・ザワツキー(15)である。

初めてのISU大会でいきなり2位の得点をたたき出すのは並大抵のことではない。試合後のコメントも初々しいものがある。

「この結果は私にとって大きな意味を持ちます。何しろ初めての国際大会で2位ですから。こんな大舞台にたつほどの経験はなかったので、今日得るものは大きく、多くのことを学びました」

「昨日のショートプログラムでは点数が伸びず落ち込んでました。コーチは今までのトレーニングを信じて行けといわれましたのでそのとおりにやりました。自信を持ってリラックスして試合に臨むことが出来ました」

女子フィギュアスケート界にまたまた彗星のように現れた新星、村上と同じ15歳。彼女もソチの希望の星である。

http://www.isu.org/vsite/vcontent/content/transnews/0,10869,4844-128590-19728-18885-305828-3787-4771-layout160-129898-news-item,00.html


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック