世界ジュニア男子SP:羽生3位、デニス・テン4位

オランダのハーグで開かれている世界ジュニア選手権男子ショートプログラムではアメリカ代表のGrant Hochsteinが71.35の自己最高スコアを出し、トップに立った。2位はアメリカのKeegan Messingでこれも自己記録を更新。
日本期待の羽生はTOPから2.60ポイント差の3位につけた。得意の表現力でフリーで巻き返しなるか。カザフスタンのデニス・テンは羽生に次ぐ4位、中国の宋楠は5位につけた。ジュニアグランプリファイナルの1、2位がそれぞれ3、5位のスタートなので男子のメダル争いは混戦模様となった。SPではアメリカ勢がともに自己記録を更新するなどアメリカ勢の好調さが目に付いた。

http://www.isuresults.com/results/wjc2010/SEG001.HTM

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック