BrainKing日本語版公開から6ヶ月

今年の5月7日に日本語版が公開されたBrainKingだが、日本語使用者は5月中旬で16人程度だったのが11月15日現在で46人になった。まだこれでも日本からの登録者(114人)の半数にもならない。日本語が公開されてからログインしていない人がまだ多いせいだろう。

プレイされるゲームは予想通り将棋が圧倒的に多い。BrainKingを日本語版公開前から取り上げてきたのが将棋系ブログなのでこれはやむをえない。意外に多いのがシャンチー(象棋)、シャンチーに関心を持つ人が増えてきているのも背景にあるのだろう。5五将棋は熱心にプレイしている人が2人いたのだが、いまはゲームを休んでいる。5五将棋を指せる貴重なサイトの一つなので将棋が好きな方はぜひチャレンジして欲しい。

もう少しプレイする人がいてもいいと思うのがバックギャモン系オセロ(リバーシ)系。私が良くプレイするのがナックギャモンなのだがこの手のゲームははまりだすと面白い。

日本語でプレイする人100人となるとここもにぎやかとなるだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック