少年探偵団BD7第19~20話

第19話:密室から消えた光子V-1
今回の話はガッツが主役。ガッツが宇宙飛行士にあこがれていたとはね。その熱意を買われ特別にロケット発射実験を見学することができたのだった。実験用のロケットを回収しようとすると二十面相から光子V-1はいただくと予告状。ロケットを盗むなんて007みたいな話だ。BD7の包囲網をかいくぐる二十面相がなかなかかっこいい。

第20話:歌うビーナス
今回は八ヶ岳連峰の北にある北横岳直下にあるピラタスロープウェーでのアクションが見ものだ。縞枯れ現象について講義するキカイ君。結構物知りだなあと感心するBD7のメンバー。歌うビーナスを発見した女子大生の清子からこれを持ち主に返してほしいという依頼を受けたBD7。持ち主が現れるのだが何か怪しい。二十面相かもしれないと疑うBD7に疑いを晴らすために持ち主であるという決定的な証拠をその支配人は見せるのだがビーナスとアポロ像が対になっているなんて二十面相なら2つとも奪うだろうな。支配人役は第18話でマジョの母親を演じた高樹蓉子。ゲストで2回以上出演するのもめずらしい。何と言ってもゲストの一番いいところは二十面相を演じられるということかな。今回は清子役の本田みきがいつもと逆に清子に変装するまで二十面相らしくしなければならないという難しい設定に挑むのですがなかなかの好演だったと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック