少年探偵団第11話:地獄のエクソシスト

今までの話は原作を参考にしたらしい部分が見られたのだが、今回の話は完全なオリジナル。エクソシストって映画はやりましたね。今回は病弱の少年が平清盛の亡霊にとりつかれるという、オカルトじみた話である。

平林新一という少年が清盛の霊にとりつかれたときの表情がマジ怖い。しかしこれがトリックだったとは。よく見ると二十面相お得意の催眠術を取り入れたものだった。私は少年自体が偽者とすり替わっているんだと推理しましたが違ってました。この少年しか二十面相の狙うよろいが入った部屋に入れないのだから、考えてみたら偽者では無理でした。

今回の話は原作から全く離れたオリジナルでありながら少年探偵団シリースのエッセンスをうまく取り入れている。マジョがその少年に恋する場面もなかなかせつない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック