「国内の象棋人口は5万人程度」について

国内の象棋人口は5万人程度」について
はじめて象棋というものを見たのは20年くらい昔、中国通の職場の同僚が中国人研修生相手に指していたときで、今ではまわりに指す人が居ないのでBrainKingやPlayOkなどネットでたまに指す程度。どのゲームにもいえるが指せる環境というものが人口にも大きく影響すると思う。将棋人口の最近の減少も身近で見かけなくなりつつあることが大きいと思う。BrainKingは今月に入り日本語版が公開されたこともあり、日本の象棋ファンには指せる機会がまた拡大したことはいいことだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kumagai
2009年05月20日 23:46
「国内の象棋人口は5万人程度」の引用、どうもありがとうございます。

BrainKing というのは知りませんでした。いろいろなゲームが楽しめますね。
象棋もできるのはとてもうれしいことで、本当に楽しみが増えました。
今、さっそく BrainKing に登録しました。

明日、象棋の対局を試してみます。また、BrainKing でも象棋ができることを宣伝したいと思っております。
2009年05月21日 19:11
kumagaiさん、ブログ訪問およびコメントありがとうございます。

象棋はまだ相手の駒をうまく取れないというよちよち程度です。お相手する機会がありましたらよろしくお願いします。
kumagai
2009年05月22日 23:02
はい、そのうち、ぜひ対局しましょう。よろしくお願いします。
昨日、お陰様で、BrainKing でドイツの人と象棋対局を始めることができました。

この記事へのトラックバック