釣りキチ三平第46~48話:山上湖の舞姫(デカバルト編)

釣りキチ三平では日本古来の釣り、漁に加え、ルアー、リール、ラジコンフィッシングといった海外から日本にもたらされた新兵器まで登場する。今回はラジコンフィッシングがその威力を発揮する。ボートを出せない場所で奥の釣りポイントに持っていくにはもってこいだ。


三平はこけし湖と呼ばれるニジマスの宝庫に大物記録を塗り替えるべくやってくる。魚紳さんのコーチを受けたユリッペは歴代4位の大きさのニジマスを釣り上げるのだが、三平は体色がコバルトブルーの不思議なマスを釣り上げるのだ。こけし職人の一太郎おじさん(しかし娘のカエデさんは忍者みたいですごい)によればデカバルトと呼ばれる
体長1メートル以上のコバルトマスが棲んでいるというのだ。デカバルトに挑もうとしているのは魚紳さん、一太郎おじさんだけではない、アメリカ人のロバートも参戦した。ロバートさんは仕事で日本に来たというのだが何の商売なんだろうか。こけしを注文したのは多分、販促目的だろう。顧客への日本からの土産かな。多分本職は機械メーカーの経営陣の一人なのだろう。ラジコンフィッシングボートの試作品を持ち込みデカバルトに挑戦するのだ。確かにデカバルトは釣り上げられなかったもののラジコンボートによるトローリングの威力は読者にも伝わったのではないか。実際原作者はRCフィッシングをテーマとした短編も書いている。さて、ロバートと勝負することになった三平はというとアヒル作戦。これは真似できそうもないけどまた面白い。

さかなクンの水族館ガイド (このお魚はここでウォッチ!)
ブックマン社
さかなクン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック