久しぶりの東京~将棋を世界に広める会総会

東京は年に1度くらいの割合で出かけるのだが、最近は用事がある時以外には出かけていない。今日は将棋を世界に広める会の年次総会があるので、早めに着くべく早朝東海道本線に乗った。

静岡からだと東京は鈍行で約4時間かかる。品川で乗り換えると山手線で原宿に下りた。表参道ヒルズや古着で有名な原宿のほうへは向かわず、深い緑に覆われた明治神宮内に入る。今日はゆっくり見ている時間がないので内苑の見学にとどめた。入場料500円かかるが非常に落ち着いた名園でそれだけの価値は十分にある。内苑はやはり江戸時代は大名屋敷で、清正井が武家屋敷跡の名残をかろうじてとどめている。野鳥の宝庫らしく都会にはめずらしくカワセミもやってくるらしい。野鳥の撮影をしている人もいた。5~6月には菖蒲園が見ごろとか。

明治神宮からは将棋会館近くの鳩森神社を目指して歩く。鳩森神社には富士塚があり訪れる人は一度は登るようだ。桜は7分咲に近いところもある。総会の時間まで将棋会館内の書籍コーナーをのぞく。The Art of ShogiやHabu's Wordsといった英語で書かれた将棋の本があるではないか。一冊3500円。今日は泣く泣くあきらめる。

午後1時20分から総会、会計報告、年次報告、今年度の予定が発表され、出席者の承認を受ける。総会が終了すると、懇親将棋会。今回は理事vs会員の団体戦形式。1回戦が終わるころにサプライズ!所司七段が小学生名人戦参加のため来日していた上海の小学生を連れて総会を見に来たのだ。2人の小学生は理事と早速勝負。理事2人は上海の小学生の強さに驚いていた。

今日はいろいろな意味で楽しかった。静岡からわざわざ出てきたかいがあった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック