釣りキチ三平第14~16話:O池の滝太郎編

釣りキチ三平に登場する風景の多くは実際に存在する場所らしい。作者がぼかしているのはわかってしまうとその釣り場が荒らされるのを恐れるためだとか。

今まで紹介した話では。。。

貝沼の青鮒:貝沼は実在の池。ただしそこがモデルの場所かははっきりしない。
三日月池の巨鯉:雄物川流域の大浦沼が最有力。駅から歩いて20分。駆けていくにはちょうどいい距離。原作同様鉄道がまたいでいる。ただ風景は乙越沼も似ている感じがする。両者を混ぜ合わせたのかも。
そしてO池。皮肉なことに三平の連載がかえってここの場所を全国的に有名にしてしまったようだ。
大鳥池には確かに滝太郎伝説が存在する。1980年代には何回も調査が行われている。

参考URL 伝説の滝太郎を求めて
Wikipedia:タキタロウ
大鳥池とタキタロウ伝説
他多数のタキタロウを紹介したサイトがある。

O池の滝太郎で忘れてはならないのは魚紳さんが再登場する点。三平にルアー釣りを教えるがそのセンスのよさに唖然としてしまう。そしてルアーキャスティング日本チャンピオン白川由美。今回の映画では三平愛子はルアーの達人という設定のようだが、白川由美のキャラクターも借りているようだ。確かに当時この漫画を読んだ人ならこのおねえちゃんと魚紳さんならぴったしと思った人も多いはず。残念ながらこの回以降は登場しないようだ。

あの三平でも天変地異には勝てず、O池の滝太郎は幻の魚のまま終わってしまうのだが、連載後の展開は作者もびっくりだろう。釣りキチ三平の連載がきっかけでNHKがタキタロウのドキュメント番組を制作したのだ。そして、タキタロウらしき巨大魚が現実に存在することが調査で確認されたのだ。

漫画の力のすごさが発揮されたのがこの章であったといえるだろう。
バーサス魚紳さん!(1) (イブニングKC)
講談社
2018-11-22
立沢 克美

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック