英語でガラかめ:紅天女の上演権を英語にすると?

英語で世界に発信しよう番外企画として、ガラスの仮面に出てくる用語、名せりふはどう英語で表されているのか特集してみます。第1回目は「紅天女の上演権」です。

演劇って勝手にやってはいけないの。という疑問があると思いますが、作者の意向により上演権がないと製作ができないものがあるようです。上演権を個人に委ねるのは原作中でも例として取り上げていますが「夕鶴」のケースが有名なんだそうです。さて、まず紅天女ですが天女はGoddess, 紅はCrimsonということでWikipediaではCrimson Goddessと訳されています。上演権は製作そのものを含むようなのでWikipediaではproduction rightsと訳されています。が誰か製作されているものは勝手に上演できるわけではなく配給権も含むべきでproduction and distribution rightsとするのがより正確だと思います。

なので紅天女の上演権はProduction and Distribution rights of legendary drama, "Crimson Goddess"ということになるでしょうか。例えば
Madame Tukikage owns the rights to produce and distribute "Crimson Goddess".
(月影夫人は紅天女の上演権を握っている)というように表現できます。


ガラスの仮面 49 (花とゆめCOMICS)
白泉社
2012-10-05
美内すずえ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック