英語で世界に発信するブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 蔦の細道(丸子側)

<<   作成日時 : 2009/06/14 19:54   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の土曜日、駿府博物館で開かれていた文化勲章日本画家38人展の帰りに蔦の細道に立ち寄ってみた。

静岡市中心部から国道一号線を浜松方面へと行くと宇津の谷トンネルの前に道の駅宇津の谷峠があるが蔦の細道に入る人は道の駅内ではなく川沿いに縦に駐車してくださいとある。ただシーズン中はそれでも車は停めることはできなさそうである。運よく車が停められたら蔦の細道を宇津の谷峠に歩いてみよう。道の駅から20分から25分ほどの山歩きである。道の駅から出ている細い道をしばらく行き、山道へと入る。小さな木の橋を4つ渡るころには山道も険しくなってくる。しばらく急な登り道を歩くと左手に峠らしきところが見えてくる、ただ峠につながる尾根まではもう3分ほどがんばって登らなければならない。尾根にまで上れば峠まではすぐだ。峠は十字になっている。まっすぐ行く道は岡部側に降りる道、右の道はどこに通じているのか不明。左の道は満観峰につながっているらしい。峠から2時間かかるとあるから本格的な準備が必要だろう。有名な在原業平の歌を彫った碑が峠にある。岡部まで下ると遠回りになるのでもと来た道を降りる。下りは快適で15分とかからない。

思ったより道もいいので気軽なハイキングに最適である。蔦の細道の峠のある位置は標高約210メートルとのことだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
蔦の細道(丸子側) 英語で世界に発信するブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる